お金


ベトナム旅行の際、お金の持って行き方は、いろいろ悩むところでしょう。

「要注意」の項でも説明したように、ベトナムにはスリや引ったくりの類はゴマンといます。ですからお金の安全には特に注意を払ってください。

まず現金を大量に持ち歩くのは、安全上の理由から論外。盗まれたらどうしようもないですからね。スリにひったくり、ホールドアップに睡眠薬強盗・・・どんなに注意していても、やられるときはやられます。手持ちの現金は最小限にしておきましょう。

するとTCかクレカということになりますが、銀行での換金の手間や手数料、レートなど諸々の問題を考えると、ベトナムではお金はクレジットカードで持って行くほうが断然便利です。

ホーチミン、ハノイはもちろん、フエにもクレカで現金が引き出せるATMが至るところにあります。もちろん、オリジナル・ビンジュオンホテルでもカードでの支払いができます。カードなら万一盗難の被害に遭っても、迅速に対応すれば被害は最小限で済みます。

ただ・・・

タイのバンコクが「本場」ですが、ベトナムでもクレジットカードのスキミング被害が少なからず報告されています。

店でカードを使って買い物したところ、後日、香港とオーストラリアで買い物がされていた、とカード会社から連絡があったりとか・・・。

ですから、ショッピングは現金で。そして必要な現金はカードでATMから出す。安全上面を考えれば、これが一番ベターです。

ベトナムでは、VisaかMaster なら大抵のATMで使えます。Amex とJCBはちょっと不便ですね。

フリーターや派遣社員でカードが作れないという方は、楽天銀行に口座を開いて、「VISAデビットカード」を作ればOKです。Visaカードと全く同様にベトナムのATMで使えますが、クレカと違って預金の範囲内でしか使えないので、フリーターや派遣社員・学生の方でも審査なしでカードがつくれます。

楽天銀行

プリペイド トラベルマネーカード(キャッシュパスポートという名前)というももの、ベトナムのATMで使えます。が、入金手数料1%、為替手数料4パーセント、更に帰国後残高引き出し手数料で525円かかります。有効期限は3年なので、やっぱり楽天銀行のほうがいいですね。

三井住友銀行、みずほ銀行、シティバンク、新生銀行のいずれかを使っているならば、国際キャッシュカードを作って予備として携帯しておくとさらに安心です。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0